Tカードのおすすめを徹底解説!Tポイントがザクザク貯まるTカードを紹介

 

皆さんの中には、Tポイントを貯めているという人も多いのではないでしょうか?実は、このTポイント。カードの種類を選ぶだけで、ザクザク貯めることができます。

そこで今回は、Tポイントがザクザク貯まるおすすめのTカードを紹介していきます。

Tポイントを貯めている人であれば、目から鱗の内容満載ですので、是非チェックしてみて下さい。

Tカードにはポイントカードとクレジット機能付きがある

Tカードには、大きく2つの種類があります。

その2つとは、ポイントカードとクレジット機能付きのものです。まずは、Tカードの種類について詳しく確認していきましょう。

Tカードの種類

Tカードの種類には、大きく2つの種類があると言いましたが、より詳しく分類すると、3つの種類に分類することができます。

  • Tポイントカード
  • クレジット機能付きTカード
  • デビット機能・プリペイド機能付きTカード

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

Tポイントカード

Tポイントカード

最も一般的なカードとなります。青の背景に黄色の「T」が目印のカードです。おそらく、このTポイントカードを持っているという人は多いのではないでしょうか?

ポイントの還元率は0.5%。ポイントを貯めることと、ポイントを使うことが主な機能となります。もちろん、TSUTAYAのレンタル機能も付けることができます。

クレジット機能付きTカード

クレジット機能付きTカードでは、Tポイントが貯まるのはもちろん。一般的なクレジットカードと同様に様々な支払いシーンでも使うこともできます。

クレジット機能付きTカードは、普通のTポイントカードと比較し、よりポイントが貯まりやすいようになっています。クレジット機能付きTカードのメリットについては、後で紹介します。

デビット機能・プリペイド機能付きTカード

実は、Tカードの中には、「デビット機能・プリペイド機能」がついたものもあります。

デビットカードには、デビットTカードスルガバンク・Visaデビット付きキャッシュカード。プリペイドカードには、ソフトバンクカード・Tマネーがあります。

自分の用途に合わせて、必要な機能が付いたTカードを選ぶだけでも、より効率よくポイントを貯めることができそうです。

Tポイントを貯めるならクレジット機能付きのTカードがおすすめ

現在、普通のTポイントカードでTポイントを貯めている人であれば、クレジット機能付きのTカードに変えるだけで、数倍ポイントを貯めることができるかもしれません。

Tポイントを貯めるなら、クレジット機能付きのTカードがおすすめの理由を紹介していきます。

とてもお得な情報ばかりですので、Tポイントを貯める際の参考にしてみて下さいね。

Tポイントを貯めるならクレジット機能付きがお得な3つの理由

クレジット機能付きのTカードがお得な理由は主に3つあります。

  • ポイントがダブルで貯まる
  • 各カード限定の特典がある
  • TSUTAYAのレンタルカードとして使える

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

ポイントがダブルで貯まる

1つ目の理由は、ポイントがダブルで貯まるということです。

そもそも、クレジット機能付きのTカードとは、Tカード・クレジットカードの2つの機能を備えたカードのことです。

そして、この2つの機能を使うことで、ポイントをダブルで受け取ることができます。つまり、

  • Tカードとしての提示ポイント
  • クレジットカードとしてのクレジットポイント

この2つでポイントを受け取ることができるということです。

クレジット機能付きTカード Tポイントカード
提示ポイント 0.5% 0.5%
クレジット 0.5%
合計 1% 0.5%

例えば、Tポイント加盟店で2,000円の買い物をした場合、Tポイントカードと、Tポイントカードカード機能付きクレジットカードでは以下のように獲得ポイント数が変わってきます。

  • Tポイントカード→10ポイント
  • クレジット機能付きTカード→20ポイント

ポイントの二重取りによって、ポイントが2倍もらえるのです。つまり、普通のTカードを使っているよりも、ポイントの貯まるペースが2倍になるということです。

クレジット機能付きTカードの中には、さらに高還元率なクレジットカードもあります。高還元率なクレジット機能付きTカードを使えば、ポイントはさらに加速して貯まるようになります。

おすすめのクレジット機能付きTカードは、この後の項目で紹介していますので、チェックしてみて下さい。

各カード限定の特典がある

2つ目の理由は、各カード限定の特典があるということです。

クレジット機能付きのTカードは、様々な企業が発行しています。そして、それぞれのカード毎に独自の特典が用意されています。

例えば、ファミマTカードでは、ファミリーマートで買い物をすることで、ポイントの優遇や店頭商品の割引などの特典を受けることができます。

ファミマTカード以外にも、

  • Yahoo!JAPANカードでは、Yahoo!ショッピングでポイントが3倍
  • Tカードプラスでは、TSUTAYAでのポイントが最大3倍

など、カードごとに独自の特典が用意されています。

TSUTAYAのレンタルカードとして使える

3つ目の理由は、TSUTAYAのレンタルカードとして使えるということです。

実は、普通のTカードと同様に、クレジット機能付きTカードもTSUTAYAのレンタルカードとして使うことができます。

ただ、普通のTポイントカードと違いクレジット機能付きTカードでは、TSUTAYAレンタルで以下のようなメリットがあります。

  • カードによっては入会金が無料
  • 年会費が無料
  • 毎年の更新手続きが不要

普通のTポイントカードの場合、TSUTAYAの入会金・年会費・更新手続きが必要になるので、それらが全て不要になるのはクレジット機能付きTカードの大きなメリットです。

Tポイントが貯まる!おすすめのクレジットカード4選

クレジット機能付きのTカードの中でも、特にポイントを貯めることができるクレジットカードが存在しています。

そこで、Tポイントが貯まるおすすめのクレジットカードを紹介していきたいと思います。

まだ、持っていないという人は、これを機会に検討してみて下さいね。

ファミマTカード

ファミマTカード
年会費 無料
家族会員 なし
ETC 無料
国際ブランド JCB
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
還元率 0.5%
旅行保険 なし

ファミマTカードのメリット

  • ファミランクでファミリーマート利用が最大3倍還元
  • 毎週火・水曜日はファミリーマートでポイントが5倍以上
  • 25歳以下の方はファミリーマート利用でポイント2倍

ファミマTカードはクレジット機能にTポイントカードが付属した年会費無料のクレジットカードです。特に、ファミリーマートをよく利用するという方には、最強のカードと言えます。

ファミマTカードはApple Payにも対応しており、iPhoneやアップルウォッチに登録するとタッチのみで支払いすることができます。

ファミリーマートの1ヶ月の買い物の利用実績による「ファミランク」では、

  • 5,000円未満で0.5%
  • 5,000円〜14,999円で1%
  • 15,000円以上で1.5%

というように、前月の買い物額に応じて、今月の還元率が決まります。ファミリーマートをよく利用する人には、とてもお得なシステムですよね。

さらに、ファミリーマートでは会員限定で「カードの日」が火曜と土曜にあり、この日ファミマTカードを利用すると最大5倍になります。

ファミリーマートで大きな買い物をするときは、「カードの日」を利用することで、面白いほどTポイントを貯めることができます。

また、25歳以下の方の場合は「若者応援クレジットポイント2倍」が適用されますので、ファミリーマートで買い物をすると、毎日ポイントを2倍受け取ることができます。

マジカルクラブTカード

年会費 無料
家族会員 なし
ETC なし
国際ブランド JCB
申込資格 20歳以上でニッセン会員の方
還元率 0.5%
旅行保険 なし

マジカルクラブTカードのメリット

カタログショッピング大手のニッセンとカルチュア・コンビニエンス・クラブが提携して発行しているカードが「マジカルクラブTカードJCB」です。

マジカルクラブTカードJCBでは、通常0.5%の還元率でTポイントを貯めることができますが、カードを使えば使うほどお得にポイントを貯めることが可能となります。

月間3万円以上カードの利用があると、200円につき1ポイントのボーナスポイントが加算されますので、合計1.0%の還元率でカードを利用することができます。

DCカードJizle

DCカード Jizile(ジザイル)

クレジットカードの中には、Tカードの機能が付いてなくても、カードのポイントをTポイントと交換することができるカードがあります。

もちろん、Tポイントと交換できるということは、Tポイントが貯まるということですので、これらのクレジットカードの中でもおすすめのカードを紹介したいと思います。

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
国際ブランド Mastercard
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 1.5%
旅行保険 最高1,000万円

DCカードJizileのメリット

  • 通常還元率が1.5%という高還元率
  • Tポイントに交換の場合でも1.2%の還元率
  • リボ払い専用カードなのに一括払いができる

DCカードがリボ払い専用カードとして発行しているクレジットカードが「DCカードJizile」です。

DCカードJizileでは、1,000円の利用ごとに3ポイントを貯めることができますので、通常還元率1.5%という高還元率でカードを利用することができます。

DCカードの利用で貯めたDCハッピープレゼントは1ポイント=4ポイントとしてTポイントに交換可能となっており、Tポイントに換算しても1.2%の高還元率でポイントを貯めることができます。

リボ払い専用カードと言うとリボ手数料が不安になってしまう方もいるかもしれませんが、DCカードJizleはコールセンターに連絡することで一括払いでの支払いもできます。

また、年会費無料のカードでありながら最高1,000万円までの海外旅行保険もついている、コストパフォーマンスが優れたカードと言えます。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード
年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
国際ブランド JCB/VISA/Mastrcard
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 1.0%
旅行保険 なし

Yahoo!JAPANカードのメリット

  • Yahoo!ショッピング・LOHACOで毎日ポイント3倍
  • 入会キャンペーンで多くのTポイントを簡単にGETできる

最後に紹介するTポイントが貯まるクレジットカードは、Yahoo!JAPANカードです。クレジットカードの中で最もTポイントが貯まるカードと言われています。

Yahoo!JAPANのお得すぎるメリットの数々については、次の項目で詳しく解説していきたいと思います。Tポイントが貯まりすぎる内容は、まさに必見です。

Tポイントが一番貯まるTカード機能付きカードはYahoo!JAPANカード

Tポイントを面白いほど貯めることができるYahoo!JAPANカード。

ここでは、なぜ、Yahoo!JAPANカードでTポイントがザクザク貯まるのか、その理由や特徴について詳しく解説していきます。

Yahoo!JAPANカードの特徴

YJカード

先ほども少し紹介しましたが、Yahoo!JAPANカードの基本的な情報から確認していきたいと思います。

還元率 1%
国際ブランド JCB/VISA/MasterCard
入会条件 18歳以上の方(高校生を除く)
年会費 永年無料

まず注目すべきは、還元率1%という高還元率です。年間に換算するとかなりのポイントが貯まる事が期待できそうです。次に年会費が永年無料というのも、嬉しいポイントですね。

国際ブランドは、JCB・VISA・MasterCardの三種類から選択する事ができ、入会条件も18歳以上の方なら誰でも加入することができます。

これらを考えた上で、普段使いにも持ってこいといった印象ですね。

Yahoo!JAPANカードでTポイントが最も貯まる8つの理由

Yahoo!JAPANカードでTポイントが圧倒的に貯まる理由は大きく8つあります。

  • 還元率が高い
  • Tポイント非加盟店でもポイントがもらえる
  • ポイントの取りこぼしがない
  • ポイントの二重取りができる
  • 100円単位&税込でポイントがもらえる
  • 公共料金の支払いでポイントが貯まる
  • Yahoo!ショッピングでポイント3倍
  • Tモール経由でポイント3.5倍

早速、8つの理由それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

1、還元率1%!Tポイントで還元

還元率1%と高い還元率を誇るYahoo!JAPANカード。実は、Yahoo!JAPANカードで還元されるポイントは、Tポイントなのです。

つまり、Tポイントカードでは0.5%の還元率でしかもらえなかったTポイントがYahoo!JAPANカードでは1%の還元率で貰う事ができるのです。

簡単にいうと、100円につきTポイントが1ポイント貰えるというわけです。還元率1%となると、加盟店の多いTポイントは、抜群の力を発揮します。

これこそが、Yahoo!JAPANカードでTポイントを貯めることができる1つ目の理由です。

2、非加盟店でもオッケー!利用するだけ

Yahoo!JAPANカードでTポイントが貯まる理由2つ目は、カードを利用するだけでTポイントが貰えるという事です。

Tポイントカードの場合、Tポイントの加盟店でTポイントカードを提示した場合しかTポイントを受け取る事ができませんでした。

しかし、Yahoo!JAPANカードでは、Tポイント加盟店、非加盟店関係なく、カードの利用金額の分だけTポイントを受け取ることができます。

例えば、ネットショップで10,000円の買い物をした場合、以下のようになります。

  • Yahoo!JAPANカード
    →100ポイント
  • Tポイントカード
    →0ポイント

このように、Tポイントカードでは本来受け取ることのできない、Tポイントを受け取ることができるのです。せっかく同じ金額を使うなら、少しでもお得な方がいいですよね。

3、簡単!楽チン!取りこぼしなし

Yahoo!JAPANカードでTポイントが貯まる理由3つ目は、ポイントの取りこぼしがないという事です。

ポイントの取りこぼしとは、本来貰えるはずのポイントを貰えなかった場合を指します。

Tポイントカードを例に挙げると、

  • Tポイントカードを持っているけど、出すのが面倒だから出さなかった
  • 急いでいたので、Tポイントカードを持っていない事にした
  • 家にTポイントカードを忘れてしまった
  • 周りに忖度してTポイントを出さなかった

上記のような経験が一度でもある人は、ポイントを取りこぼした経験があるということになります。

Tポイントカードの場合、Tポイントカードを携帯しており、尚且つレジで提示するという手間がかかるため、必然的にポイントを取りこぼす可能性が高くなってしまいます。

その点、Yahoo!JAPANカードではポイントを取りこぼすということが、まず起こりえません。

Yahoo!JAPANカードはクレジットカードのため、支払った分の金額は毎月一回自動で引き落とされます。そして、その利用金額の分だけしっかりとTポイントを受け取る事ができるのです。

もちろんクレジットカードですので、簡単に決済する事が可能です。さらに、毎月かかる費用に関しては、支払方法をYahoo!JAPANカードからの自動引き落としにすることで、何もしなくても毎月Tポイントが勝手に貯まっていきます。

クレジットカードならではの手軽さと、Tポイントが貯まるというお得さはYahoo!JAPANカードだからこそと言えます。

4、Tポイントがダブルでもらえる!?お得すぎる二重取り

Yahoo!JAPANカードでTポイントが貯まる理由4つ目は、Tポイントの二重取りができることです。

100円につきTポイント1ポイントを受け取ることができるYahoo!JAPANカード。実は、Tポイント加盟店で使用することで、ダブルでポイントを受け取ることができるのです。

例えば、Tポイント加盟店で4,000円の買い物をした場合、以下のようになります。

  • Yahoo!JAPANカード
    →60ポイント
  • Tポイントカード
    →20ポイント

なんと、その差はTポイントカードを使用した場合の3倍にものぼります。誰の目から見ても、Yahoo!JAPANカードがいかにお得かということは一目瞭然です。

ポイントの二重取りができることは、魅力的すぎますよね

5、塵も積もれば山となる!100円単位&税込も嬉しいポイント

Yahoo!JAPANカードでTポイントが貯まる理由5つ目は、100円単位で。さらに、税込価格でポイントが貰えることです。

一見地味に見えますが、出費する金額が大きくなるにつれて、その差は大きなものとなります。実際の例をもとに、考えてみましょう

毎月4100円のものを1年間購入し続けた場合、以下のようになります。

  • Yahoo!JAPANカード
    →492ポイント
  • Tポイントカード
    →240ポイント

10,000円のものを購入した場合はこちら。

  • 税込み価格(10,800円)
    →108ポイント
  • 税抜き価格(10,000円)
    →100ポイント

たかが100円。たかが消費税と思うかもしれませんが、上の例を見てもわかるように、この僅かな差の積み重ねが、とてつもなく大きな差へと繋がります。

仮に、毎月10,000円の買い物をした場合、税込と税抜きで貰えるポイントの差は一年後には96ポイントにまで、広がっています。まさに、塵も積もれば山となるです。

6、固定費で貯める!公共料金の支払いをYahoo!JAPANカードに

Yahoo!JAPANカードでTポイントが貯まる理由6つ目は、公共料金の支払いをYahoo!JAPANカードにすることで、ポイントが貯まるというものです。

毎月かかる公共料金。「固定費にポイントがついたらいいのにな〜」と思っている人もいるのではないでしょうか。

実は、Yahoo!JAPANカード、公共料金の支払いに使用することができるのです。公共料金の支払い金額にも、もちろんTポイントがついてきます。

毎月必ずかかる支払いをYahoo!JAPANカードに切り替えるだけで、Tポイントが貯まるのですから、こんなにお得な話はありません。

固定費で貯める!公共料金の支払いをYahoo!JAPANカードに〜裏技編〜

支払いをYahoo!JAPANカードに切り替えるだけでも十分お得なテクニックなのですが、公共料金の支払いでもっとTポイントを貯めることができる裏技があります。

それは、Tポイントが貰える電力会社に切り替えるという方法です。電力自由化の流れを受け、電力・ガス会社の中には、Tポイントが貰える会社やプランが存在しています。

Tポイントが貰える電力会社に切り替えて、かつYahoo!JAPANカードで公共料金を支払うだけで面白いほどTポイントが貯まっていきます。

これは、総務省が発表している1ヶ月あたりにかかる公共料金の費用をまとめたものです。

単身世帯 2人以上の世帯
電気代 5,482円 10,674円
ガス代 3,313円 5,579円
その他光熱費 970円 1,833円
上下水道料 2,099円 5,154円
小計 11,864円 23,240円
還元ポイント(1ヶ月) 177ポイント 348ポイント
還元ポイント(1年間) 2,124ポイント 4,176ポイント

毎月かかる公共料金をYahoo!JAPANカードで支払い、Tポイントが貯まる電力・ガス会社に変更しただけで、平均して単身世帯で年間2,124ポイント・2人以上の世帯で年間4176ポイントものTポイントが貯まるのです。

毎月かかる公共料金の支払いがこれだけお得になるとなれば、活用しない手はないですよね。

7、Tポイント三倍!Yahoo!ショッピングは要チェック

Yahoo!JAPANカードでTポイントが貯まる理由7つ目は、Yahoo!ショッピングで買い物をすることでポイントが3倍貰えるということです。

通常時の還元率が1%のYahoo!JAPANカードですが、Yahoo!ショッピング利用時のポイント還元率は、なんと3%なのです。

ネットショッピングで4,000円の買い物をした場合、以下のようになります。

  • Yahoo!ショッピング利用時
    →120ポイント
  • 通常のネットショッピング
    →40ポイント

同じ、金額の買い物をしているのにも関わらず、Yahoo!ショッピングを利用するだけで3倍ものTポイントを受け取ることができます。

それにしても、圧倒的な高還元率には脱帽です。

8、Tポイント3.5倍!Tモール経由でもっとお得に

Yahoo!JAPANカードでTポイントが貯まる理由8つ目は、Tモール経由でYahoo!ショッピングを利用することで、通常の3.5倍ものTポイントを受け取ることができるということです。

TモールとはTポイントが貯まるポイントサイトです。通常のポイントサイトと同じく、ログインしてバナー経由でYahoo!ショッピングに行くだけでTポイントをもらうことができます。

Tモールを経由してYahoo!ショッピングで買い物をした場合、なんと還元率3%にプラスして、200円につき1ポイントのTポイント(還元率0.5%)を受け取ることができるのです。

Yahoo!ショッピングで6000円分の買い物をした場合、以下のようになります。

  • 通常利用時
    →180ポイント
  • Tモール経由
    →210ポイント

3倍という還元率でさえとても高いと言えるのに、3.5倍ともなればザクザクTポイントが貯まること間違いなしです。

ネットショッピングをよく利用する人はもちろん。今までは、あまり利用していなかったという人も、覚えておいて損はない情報です。

TカードプラスとYahoo!JAPANカードの比較

ここまで見てきたように、クレジットカードでも貯めることができるTポイント。

TカードプラスとYahoo!JAPANカードでは、それぞれどんな特徴があり、どちらがよりポイントを貯めることができるのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットはもちろん。どんな人におすすめかも紹介していますので、Tポイントを貯める際の参考にしてみて下さいね。

Tポイントが貯まるのはどっちだ!徹底比較

 Yahoo!JAPANカード Tカードプラス
 還元率  1%  0.5%
 年会費  永年無料 初年度無料
2年目以降500円
(年1回の利用で無料)
 国際ブランド  JCB・VISA・MasterCard  JCB・VISA
 入会条件  18歳以上の方(高校生を除く)  18歳以上の方(高校生を除く)

 

まずは、TカードプラスとYahoo!JAPANカードの基本的な特徴を比較してみたいと思います。上の表は、それぞれの特徴をまとめたものです。

まず、注目するのは、還元率です。還元率では、Yahoo!JAPANカードが1%とTカードプラスの0.5%の2倍の還元率を誇っています。

年会費はYahoo!JAPANカードが無料。Tカードプラスは2年目以降500円となっています。しかし、Tカードプラスは、1年に1回以上カードを利用すると、年会費が無料になりますので、実質無料と考えて良さそうです。

入会条件は、どちらも18歳以上と変わらないものの、国際ブランドは、Yahoo!JAPANカードが3つ。Tカードプラスが2つとなっています。

これらの基本的なカードの特徴だけを考えるとYahoo!JAPANカードが若干優れている印象です。

次に、Yahoo!JAPANカード・Tカードプラスそれぞれの、メリット・デメリットについても、比較していきます。

メリット・デメリットを理解することで、どちらのカードが自分にとってお得なのか知ることができますので、チェックしてみてくださいね。

Yahoo!JAPANカードのメリット

Tポイント非加盟店でも100円あたり1ポイント貯まる

本来Tポイントとは、Tポイント加盟店でしか貯めることができないものです。しかも、その還元率は0.5%と決して高くはありません。

その点、Yahoo!JAPANカードであれば、還元率1%という高還元率でTポイントを貯めることができます。

さらに、Tポイント加盟店でなくても、Yahoo!JAPANカードで支払った金額に対してTポイントを受け取ることができるのが、最大の魅力です。

これに加えて、Tポイント加盟店でYahoo!JAPANカードを使用した場合、Yahoo!JAPANカードのポイント(還元率1%)にプラスしてTカードポイント(還元率0.5%)と通常の3倍ものTポイントを貯めることができます。

キャンペーン利用でポイント最大7倍

Yahoo!JAPANカードが発行しているクレジットカードで「5のつく日」にYahoo!ショッピングとLOHACOでお買い物をすると、ポイントが5倍になります。

毎月5日・15日・25日が対象です。さらに、Yahoo!JAPANカードを使用し、アプリから購入すると合計7%ものポイント還元を受けることができます。

7%のうち4%はボーナスポイントとなり、Yahoo!JAPAN、LOHACO、GYAO!でのみ利用可能なポイントとなりますが、それでも驚異の還元率だと言えます。

2回払いまで手数料無料

Yahoo!JAPANカードは、もちろん1回払いならば手数料はかかりませんが2回払いでも手数料が無料です。

お金に余裕がない時でも、手数料を気にせず2回払いができるのは嬉しい限りですよね。

手数料がかからないという事は、無駄な出費を減らすといことですので、貯めたポイントを有効に使えるということに繋がります。

Tカードプラスのメリット

TSUTAYA利用でポイント最大6倍

Tカードプラスのメリットは、TSUTAYAを利用した時に最大限発揮されます。

Tカードプラス(現金払い)  Tカードプラス(カード払い)
 ブロンズ
(月に1回以上TSUTAYA利用)
翌月3倍 翌月4倍
 シルバー
(月に3回以上TSUTAYA利用)
翌月4倍 翌月5倍
 ゴールド
(月に5回以上TSUTAYA利用)
 翌月5倍  翌月6倍

Tカードプラスでは、TSUTAYAの月間利用回数によって、翌月のポイント還元率が決まるサービスがあります。

上記の表は各ランクと、現金&カード決済に分けたポイント倍率になります。

ブロンズ

  • 現金払い:200円利用につき3ポイント=還元率1.5%
  • カード払い:200円利用につき4ポイント=還元率2.0%

シルバー

  • 現金払い:200円利用につき4ポイント=還元率2.0%
  • カード払い:200円利用につき5ポイント=還元率2.5%

ゴールド

  • 現金払い:200円利用につき5ポイント=還元率2.5%
  • カード払い:200円利用につき6ポイント=還元率3.0%

この高還元率を見ても分かるように、TSUTAYAを利用するなら、最強のクレジットカードと言えます。

Tポイント加盟店で還元率2倍(100円→1ポイント)

Tカードプラスは、いつどこで使っても支払い金額に応じて、200円ごとに1ポイントのTポイントを受け取ることができます。

さらに、Tポイント加盟店なら、通常のTポイント(200円ごとに1ポイント)も受け取ることができます。

Tポイント加盟店で同じ金額を支払っても、Tカードプラスで支払うだけで、通常の2倍のTポイントをゲットできるのは、大きなメリットです。

TSUTAYAのレンタル更新・手続きが不要

TカードプラスにはTSUTAYAの会員証の機能があります。そのため、TSUTAYAのレンタルサービスを使うことができます。

TSUTAYAの会員証を1枚別に作らなくても、Tカードプラスを持っておけばTSUTAYAでレンタルできるのは嬉しいポイントです。

さらに、レンタル更新の手続き・レンタル更新費用は一切不要です。毎年自動で更新してくれるので、面倒な手間も一切省ける、便利でお得なカードと言えます。

 

Yahoo!JAPANカードのデメリット

請求額に対してポイントはつかない

Yahoo!JAPANカードでポイントが還元されるのは、あくまで支払い額です。請求額ではありません。下の例を見てください。

例えば、

  • 1ヶ月間の請求金額:13,445円
  • 獲得ポイント:131ポイント

請求額に対して1%ならば獲得ポイントは134ポイントとなっているはずです。しかし、131ポイントとなっています。

例えば、Yahoo!JAPANカードを使い199円の買い物をした場合、99円分に対しては一切ポイントが付きません。あくまで支払った金額のその都度で”100円毎”に対して1%ということです。

Tカードプラスのデメリット

リボ専用カードである

実は、Tカードプラスと言っても、3社が発行していて、支払い方法がそれぞれ違っています。

  • ポケットカード発行→リボ払い専用
  • アプラス発行→初期リボ払い設定(後ほど変更可)
  • オリコ発行→通常支払い\分割払い対応

Tカードプラスはややこしくなっていて、もしリボ払いの発行会社を選択した場合には、手数料がかかってしまいます。

対策としては、支払いを「全額支払い」にしておくと、実質1回払いになります。Tカードプラスを使う場合は、是非とも気をつけたいポイントです。

Yahoo!JAPANカード・Tカードプラスはこんな人におすすめ!

それぞれのカードの特徴やメリット・デメリットを踏まえた上で、Yahoo!JAPANカード・Tカードプラスがおすすめの人を紹介していきたいと思います。

Yahoo!JAPANカードがおすすめの人

Yahoo!JAPANカードがおすすめの人は、

  • ネットショッピングやネットサービスをよく利用する人
  • とにかくTポイントを貯めたい

という人です。

Yahoo!ショッピングを利用することで、高還元率でポイントを貯めることができるYahoo!JAPANカード。

貯めたポイントは、Yahoo!関連のネットサービスを中心につかうことができますので、よくネットを利用しているという人には、おすすめです。

また、通常時の還元率が1%と高いことから、とにかくTポイントを貯めたいという人にもぴったりのカードだと言えます。

Tカードプラスがおすすめの人

Tカードプラスがおすすめの人は、

  • TSUTAYAをよく利用する

という人です。

普段から、よくTSUTAYAを利用している場合、おそらくTカードプラスよりお得なカードはありません。

Tカードプラスを持たずに、TSUTAYA を頻繁に利用しているという人は、Tカードプラスに変更するだけで面白いほど、ポイントを貯めることができるはずです。

まとめ

Tポイントがザクザク貯まるTカードについて、解説していきました。みなさん、どうでしたか?使うカードを変えるだけで、驚くほどポイントが貯まることにびっくりしている人も多いのではないかと思います。

今と全く同じ生活をしていても、今回紹介したTカードに変更するだけで、ザクザクポイントを貯めることができます。

例えば、Tポイントが最も貯まるYahoo!JAPANカードは年会費・入会費も無料ですので、今すぐにでも作ることができますよね。

まだ、普通のTポイントカードしか持っていないという人は、これを機にもっとポイントが貯まるTカードに変更してみてはいかがでしょうか?