Tカードのおすすめを徹底解説!Tポイントが劇的に貯まるTカード特集!

 

TSUTAYAの会員証としての機能を備えることができ、日本一使いやすいポイントであるTポイントを貯めるカードとしても活躍するTカード。お財布をスリムにする上でも一役買ってくれる一枚です。

さて、そんなTカードですが、Tポイントをとことん貯めていくとなれば、それなりにスペックの優れたクレジットカードを選択する必要があります。

そこでここでは、「Tポイントが劇的に貯まるTカード特集!」として、Tポイントを貯める上で特におすすめできるクレジットカードを紹介していきたいと思います。

まだTカードを持っていない方はもちろんのこと、すでにTカードを活用している方でも、さらにお得なクレジットカードの存在に気付けるかもしれませんよ。

Tポイントが貯まるおすすめのTカードは4種類!

さて、今回Tポイントが貯まるおすすめのTカードとして紹介したいのは、以下の4種類のクレジットカードです。

特に注目すべきポイントは、それぞれのクレジットカードに、非常に相性の良い加盟店があるということです。早速、それぞれの詳細をみていくことにしましょう。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

年会費永年無料
基本還元率1~10%以上
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード540円
家族カード無料

日本一Tポイントが貯まるという異名を持つのがこのYahoo!JAPANカードです。常に1%以上の還元を得られるのは、他のTカードを含め、Yahoo!JAPANカードしかありません。

主要な国際ブランドを網羅していることも、他のクレジットカードとの相性を高めています。今なら入会特典として、8,000ポイントもの還元が得られることがあるのも見逃せないメリットですよ。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングでは最低でも3倍の還元率

Yahoo!JAPANカードと非常に取り合わせが良い加盟店として、『Yahoo!ショッピング』や『LOHACO』を挙げることができます。本来、これらのネット通販における還元率は1%ですが、Yahoo!JAPANカードを活用することで、最低でも常に3%の還元を享受することが可能となります。

その他、以下のようなキャンペーンや特典を組み合わせていくことで、還元率は面白いように伸びていきます。

  • 5のつく日(5日・15日・25日)の買い物でポイント還元5倍
  • ソフトバンクユーザーなら還元率+5倍
  • Yahoo!プレミアム(税別462円)への加入で還元率+4倍
    ※ソフトバンクユーザーでスマートログインを設定している方であれば無料
  • Tモールの経由でボーナスポイントが加算

ちなみに、Yahoo!ショッピングやLOHACOで買い物をする場合には、『Tモール』を経由して行えば更にポイント還元があります。Tモールの経由で得られるボーナスポイントは以下の通りです。

 店舗名モール経由ポイント
Yahoo!ショッピング 200円につき1ポイント
LOHACO 200円につき2ポイント
ZOZOTOWN 200円につき1ポイント
ビックカメラ.com 200円につき2ポイント
TSUTAYA 200円につき2ポイント
DHC 200円につき1ポイント
じゃらん 200円につき1ポイント
JTB国内旅行 200円につき3ポイント

私がTモールのサイトを訪れたタイミング(2018年4月上旬)では、200,000Tポイントの山分けキャンペーンなるものが開催されていました。

その他、Tモールでは常にどこかしらの店舗がキャンペーンの対象となっており、還元率がさらに優遇されているため、ちょくちょくサイトを覗きにいってみると良いでしょう。

いつでもどこでも最低1%の還元率

いつでもどこでも最低1%の還元率

Tカードで基本還元率が1%はYahoo!JAPANカードだけ

Yahoo!JAPANカードが強いのは、Tポイント加盟店でなくとも、常に安定した還元率でTポイントを集めることができる点にあります。

もちろん、加盟店ではショッピングポイントとクレジットポイントを合わせての2重取りが成立するため、獲得ポイントはスイスイ伸びていきます。

ネット通販とリアル店舗の双方において活躍させることができるのが、Yahoo!JAPANカードなのです。

ショッピングガード保険やプラチナ保険で安心

プラチナ補償

Yahoo!JAPANカードのスペックで注目していただきたいのは還元率の高さだけではありません。なんと、年会費無料のクレジットカードでは珍しく、国内外におけるショッピングガード保険が以下の通り充実しているのです。

 補償対象商品 商品価格が10,000円(税込)以上のもの
支払い限度額 100万円
自己負担額3,000円
担保期間 購入日から90日間
対象となる利用 国内または海外でのYahoo!JAPANカードによるショッピング利用

特に高価な商品を購入する際には、こうした保険で得られる安心感はひとしおですね。

また、月額490円(税別)を負担すれば、プラチナ補償を付けることができ、利用付帯で18種類もの補償を受けることができます。

  • 修理補償
  • 破損補償
  • 宅配郵送事故補償
  • 盗難補償
  • 返品補償
  • 携帯電話水漏れ・全額補償
  • 交通トラブルお見舞い
  • 電子デバイス災害補償
  • 車乗荒らし被害補償
  • 自転車事故賠償責任補償
  • お悔やみ帰省見舞い
  • 旅行・イベントキャンセル補償
  • 海外旅行けが・病気お見舞い
  • 海外旅行持ちもの損害補償
  • 海外旅行思わぬ出費補償
  • なりすまし賠償責任補償
  • ネット売買トラブルお見舞い
  • 個人情報漏洩過失責任補償

ここまで幅広い補償をワンコイン以下で備えることができるのは大きいですね。初月に関しては無料で加入することができるため、気になる方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

ファミマTカード

ファミマTカード

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドJCB
ETCカード無料
家族カード無料

ファミマTカードはその名の通り、ファミリーマートにおいて様々なメリットを享受することができるクレジットカードです。複数の特典を組み合わせることで、年会費無料のクレジットカードとは思えない程の還元率を達成することもできます。

ファミマTカードは、ETCカード・家族カードまでを含めて完全無料で持つことができるのも魅力の一つと言えますね。

カードの日なら還元率2.5%

カードの日

毎週火曜日と土曜日は、ファミリーマートのカードの日です。ファミマTカードで決済することで、以下の通り、還元率の優遇を受けることができます。

  • ショッピングポイント(カード提示):通常の3倍(0.5%→1.5%)
  • クレジットポイント(カード決済):通常の2倍(0.5%→1%)

カードの日以外は、ショッピングポイントとクレジットポイントを合わせても1%止まりであることを考えると、その差は大きいです。可能な限り、ファミリーマートの買い物は、火曜日と土曜日に集中させていきましょう。

ファミランクを上げれば最大4%還元

ファミランク

使えば使うほど、還元率が上がる。それが、ファミリーマートのファミランクです。

 ランク 当月お買い物金額合計翌月ポイントレート
ブロンズ 〜4,999円迄 200円につき1ポイント
シルバー 5,000円〜14,999円迄 200円につき2ポイント
ゴールド 15,000円以上 200円につき3ポイント

本来0.5%のショッピングポイントが、最大1.5%にまで優遇されます。そして、ここからが重要で、実はこのファミランクの特典、前述のカードの日の特典と併用することができるのです。

カードの日にクレジット決済をした場合の還元率は以下の通りです。

  • ブロンズランク×カードの日:2.5%
  • シルバーランク×カードの日:3.5%
  • ゴールドランク×カードの日:4%

基本還元率が0.5%のクレジットカードでも、使い方でここまで変わります。カードの日と組み合わせるだけで最大4%になるのは驚異的としか言いようがありません。

レディースデーはショッピングポイント2倍

レディースデー

毎週水曜日は、ファミリーマートのレディースデーです。ショッピングポイント(カード提示分)が2倍になります。カードの日の特典を含めると、女性にとっては週に3回もチャンスがあるということになります。

なお、レディースデーにクレジット決済をした場合の還元率は以下の通りです。

  • ブロンズランク×レディースデー:1.5%
  • シルバーランク×レディースデー:2.5%
  • ゴールドランク×レディースデー:3%

カードの日やレディースデーの特典を思うと、ファミリーマートに行くのがどんどん楽しくなりそうです。

25歳以下はクレジットポイント2倍

25歳以下はクレジットポイント2倍

女性のみならず、若者にも優しいのがファミリーマートです。25歳以下のファミマTカードユーザーは、『若者応援ポイント』として、常に2倍のクレジットポイントを獲得することが可能となります。

若者応援ポイントは、ファミランクやカードの日の特典、レディースデーの特典と組み合わせることができます。その際の還元率は以下の通りとなります。

  • ブロンズランク×カードの日:3%
  • シルバーランク×カードの日:4%
  • ゴールドランク×カードの日:4.5%

  • ブロンズランク×レディースデー:2%
  • シルバーランク×レディースデー:3%
  • ゴールドランク×レディースデー:3.5%

カードの日なら最大4.5%、レディースデーなら最大3.5%もの還元率を達成することができます。もはや年会費無料のクレジットカードとは思えない程の還元ぶりと言えるでしょう。

ファミリーマートだけで限定して言うのであれば、間違いなくファミマTカードが一番お得に利用できると断言できるほどです。

今お得で割引率がさらにアップ

いまお得

いつでも何かが安い。

それがファミリーマートの『今お得』ですが、ファミマTカードの会員であれば、割引後の価格からさらに、割引を受けることができます。

一体ファミリーマートはどこまでサービスをしてくれるのでしょうか?ここまでくると、本当にこれで利益が出るのかと変な心配をしてしまいそうですが、得られるメリットはしっかりと享受させてもらいましょう。

今お得のメリットの仕様はこうです。

たとえば、元々120円のコッペパンがあります。これが今お得だと110円で購入できます。しかし、ファミマTカードユーザーであればさらに10円オフとなり、最終的な販売価格は100円にまで下がります。

ここで注目していただきたいのが割引率です。110円→100円の場合、約9%の割引となっています。

  • 通常:120円
  • 今お得:110円
  • ファミマTカード提示:100円

年会費無料のクレジットカードであることを考えると、9%の割引は半端ではありません。別途付与されるショッピングポイントとクレジットポイントを含めると、合計還元率は10%を超えてきます。

もはやすごいというより、恐るべしファミマTカードといったところでしょうか?ファミリーマートを利用している方は、ファミマTカードを携えておかなければ、確実に損をしてしまいますね。

ポケットモールでネット通販もお得

ポケットモール

え!ネット通販もお得になるんですか?

そうなんです。ファミマTカードが活躍するのは何も、ファミリーマート内だけではありません。『ポケットモール』を経由することで、モール経由分のボーナスポイントを獲得することができます。もちろん、クレジット利用分のポイントは別で付与される仕様です。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの使い勝手の良い店舗も対象となっているので、ネット通販も積極的に活用していきましょう。

 店舗名追加されるボーナスポイント
 楽天市場 1,000円につき6ポイント
 Yahoo!ショッピング 1,000円につき12ポイント
ポケットブックストア 1,000円につき48ポイント
LOHACO 1,000円につき18ポイント
ポンパレモール 1,000円につき36ポイント
イトーヨーカドーネット通販 1,000円につき24ポイント
 爽快ドラッグ 1,000円につき24ポイント
ホットペッパーグルメ 27ポイント
じゃらん 1,000円につき18ポイント
ビックカメラ.com 1,000円につき6ポイント

国内外のパッケージツアーがお得

ポケットカードのトラベルセンター

旅行好きの方にとって嬉しいのがこちらの特典。ファミマTカードの発行元であるポケットカードの『トラベルセンター』で、各種有名旅行会社のパッケージツアーを申し込むと、3〜8%の割引を受けることができます。

たとえば、クラブメッドの国内プランに、石垣島のツアーがあります。2泊以上のプランを90日前に申し込みをすることで、成人なら1日あたり、5,000円の割引となります。2日で10,000円の割引です。

これだけでもかなり嬉しいのですが、実は同伴者も同様のメリットを享受できる仕様になっているのがミソ。恋人と一緒に沖縄を2日間楽しむと、合計で20,000円のキャッシュバックを得ることができるのも同然です。

浮いた20,000円でさらにデートを充実させることができますね。年会費無料のファミマTカードは、旅の価値を一層高めてくれるクレジットカードなのです。

Tカードプラス

Tカードプラス

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA/JCB
ETCカード無料
家族カードなし

Tカードプラスは、TSUTAYAユーザーであればぜひ備えておきたいクレジットカードです。家族カードはありませんが、年会費無料で作成できるので、家族の方も、本会員として申し込みをすれば、何ら問題はありません。

TSUTAYAなら最大3%還元

TSUTAYAの利用頻度に応じて還元率が優遇される。それが、Tカードプラスのメリットです。

 TSUTAYAランク前月における利用頻度 還元率の優遇
ブロンズランク 1回以上 3倍(1.5%)
シルバーランク 3回以上 4倍(2%)
ゴールドランク 5回以上 5倍(2.5%)

たった月1度の利用でもブロンズランクを達成でき、還元率が3倍になるのは嬉しいですね。

ちなみに、ここで示している還元率はショッピングポイントに該当するため、クレジット決済をすれば、クレジットポイントが別途付与されるかたちとなります。合計還元率は2%〜3%にアップしますね。

TSUTAYAレンタル会員の更新料が無料

年に1度のこととはいえ、ちょっと嬉しくなってしまうのがこのメリット。通常、TSUTAYA会員の更新をするためには、更新手数料として300円前後(TSUTAYA店舗により額は異なる)が必要ですが、Tカードプラスを年に1度でも利用していれば、この手数料を無料にすることができるのです。

TSUTAYAユーザーで、まだTカードプラスを発行していない方は、この機会に作成してみてはどうでしょうか。

JCBブランドなら海外ショッピング保険が付帯

TカードプラスのJCBブランドを選択すれば、海外ショッピング保険が付帯します。内容は以下の通りです。

  • 購入日から90日までの補償
  • 1回の事故につき、1万円の自己負担
  • 補償額は年間50万円まで

メリットとして、事前の届け出が不要で、出発前の手間がかからないことが挙げられます。特に高価な商品を購入する場合には、クレジットカードによる決済を忘れないようにしましょう。

Tモールでネット通販もお得

Tモール

TカードプラスもYahoo!JAPANカードと同様に、ネット通販がお得に利用できます。『Tモール』の経由をすることで、モール経由分のボーナスポイントが追加される仕様です。もちろん、クレジット利用分は別途付与されます。

ちなみに、対象となっている店舗とデフォルトのボーナスポイントは以下の通りなので、ぜひ参考にしてみてください。Tモールでは常にキャンペーンが実施されているので、タイミングによっては、お気に入りの店舗で大きく還元率を高めることができますよ。

 店舗名追加されるボーナスポイント
Yahoo!ショッピング 200円につき1ポイント
LOHACO 200円につき2ポイント
ZOZOTOWN 200円につき1ポイント
ビックカメラ.com 200円につき2ポイント
TSUTAYA 200円につき2ポイント
DHC 200円につき1ポイント
じゃらん 200円につき1ポイント
JTB国内旅行 200円につき3ポイント
ニッセン 200円につき3ポイント

マジカルクラブTカードJCB

マジカルクラブTカード

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドJCB
ETCカードなし
家族カードなし

マジカルクラブTカードJCBは、ニッセンで大きなメリットを享受できるクレジットカードです。ETCカードや家族カードはありません。ETCカードを要する場合は、他のクレジットカードからの紐付けで発行すると良いでしょう。

月に3万円以上の利用で還元率が1%にアップ

月に3万円以上の利用で還元率が1%にアップ

マジカルクラブTカードJCBの魅力は、月に30,000円以上のクレジット利用をすることで、基本還元率の底上げを図ることができる点にあります。

  • 月に30,000円未満の利用→基本還元率0.5%
  • 月に30,000円以上の利用→基本還元率1%

クレジット利用を月に3万円以上であれば、そこまでハードルは高くありませんよね。さらりと達成できる方も多いのではないでしょうか。

毎月安定的に3万円以上の決済が可能な方にとっては、マジカルクラブTカードJCBは基本還元率が1%のクレジットカードと言っても良いですね。

ニッセンなら最大6%の還元

ニッセンでは、『ニッセンプラス』という特典があります。半年間で20,000円以上の利用をすれば、ポイント還元率の優遇を受けることができるというシステムです。

マジカルクラブTカードJCBを持っていると、この還元率をさらに高めることが可能となります。追加される還元率は1%〜2%で、各ステージによって異なります。

また、連続してゴールドステージ以上を達成した場合には、継続特典として、別途還元率の上乗せがあります。ここまでをまとめると、以下のようになります。

ステージ達成条件ステージポイントカード特典継続特典 合計還元率
レギュラー0.5%1%1.5%
シルバー2万円以上1%1%2%
ゴールド5万円以上1.5%1%0.5%3%
プラチナ8万円以上2.5%2%0.5%5%
ダイヤモンド10万円以上3.5%2%0.5%6%

ニッセンのヘビーユーザーならダイヤモンドステージを達成することで、最大6%の還元を得ることができます。まさに、ニッセンファンの為のクレジットカードと言えますね。

Tモールの経由でさらにお得

ニッセンを利用する際に忘れて欲しくないのが、Tモールの経由です。たった一手間、Tモールの経由を加えるだけで、モール経由分のボーナスポイントとして、1.5%が追加となります。これを逃す手はありませんね。

ちなみに、本記事を執筆しているタイミング(2018年4月上旬)では、本来1.5%のボーナスポイントが2%に優遇されていました。さらには、「ニッセンポイント総額100万山分けキャンペーン」なるものが開催されていたため、ニッセンファンの方にはぜひエントリーしていただきたいところです。

こうしたお得なキャンペーンがちょくちょく行われているのがTモールの魅力と言えます。ぜひ、定期的にサイトを訪れてみてくださいね。

Tポイント一番貯まるのはYahoo!JAPANカード

YJカード

Tポイントを面白いようにザクザク貯めたいとなれば、当然始めにに名前が挙がるのはYahoo!JAPANカードで間違いありません。いつでもどこでも最低1%の還元率を誇るという魅力は、他のクレジットカードと一線を画しています。

年会費無料で保持できるのはもちろんですが、主要な国際ブランドを自由に選択できるというのも嬉しいポイントですよね。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでザクザク貯める

LOHACO

LOHACOもポイント3%還元

ネット通販を普段使いしている方はもちろんですが、普段そこまでネット通販を利用しない方でもぜひ、Yahoo!ショッピングやLOHACOを覗きにいってみてください。

今では楽天市場よりも出店数が多くなったYahoo!ショッピングは、常に何かしらのキャンペーンが開催されているため、欲しいなと思っていた商品をお得に購入できるチャンスに巡り会えるかもしれません。

特に、ソフトバンクユーザーでスマートログイン設定をしている方であれば、Yahoo!JAPANカードとの併用で、常にTポイントが10%を超える還元率で楽しくネットショッピングができますよ。

公共料金や携帯電話料金の支払いでザクザク貯める

せっかくいつでもどこでも1%の還元率を享受することができるのですから、各種公共料金や携帯電話料金の支払いを現金で済ませていてはもったいない。ここは一つ、固定料金を含め、ありとあらゆる支払いをYahoo!JAPANカードに任せてしまいましょう。

ちなみに私も、ほぼ現金を使うことなく、いつもクレジットカードで様々な支払いを済ませています。そのおかげで、まとまったポイントを大きな買い物に対して一気に使うことができ、非常に気持ちの良い思いをさせてもらっています。

Tポイントを貯める上では、Yahoo!JAPANカードの右に出るカードはありません。ぜひ、徹底的に活用法にこだわり、ザクザクとTポイントを集めていってください。

ファミリーマートを頻繁に利用するならファミマTカード

ファミマTカード

Tカード機能が付いたクレジットカードで一番お得なのは、Yahoo!JAPANカードと紹介しましたが、一点だけ例外があります。それはファミリーマートだけの利用です。

毎日のランチはファミリーマートで購入する。何かと普段から、ファミリーマートにふらっと入る。

そんな方であれば、ファミマTカードを持つことで、高い節約効果を上げることができるのは間違いありません。「億劫だからクレジットカードの発行はまだしていない」というファミリーマートファンの方は、日々確実に損をしてしまっていますよ。

最大4.5%還元!ファミリーマートで多重のメリット

ファミマTカードをファミリーマートで上手に活用すれば、最大4.5%もの還元を受けることができます。これに加え、今お得などの特典を含めれば、ファミリーマートに病みつきになってしまう程のお得感があります。

以下に、ファミマTカードで得られる特典をまとめてみました。

  • 今お得
  • ファミランク
  • カードの日
  • レディースデー
  • 若者応援ポイント

たった一枚の年会費無料のクレジットカードで、ここまでのメリットを享受できるのは非常にありがたいですね。

4.5%をシミュレーションする

4.5%の還元率というのは、いかほどのものなのでしょうか?実際にここで、シミュレーションをしてみることにしましょう。

シミュレーションの条件は以下の通りです。

  • 月あたりのファミリーマートにおける利用額は15,000円(ゴールドランク)
  • 25歳以下の方
  • カードの日に決済

毎月15,000円の決済をすべて、カードの日に集約するのはなかなか難しいですが、これはあくまでもシミュレーションなので、これくらいのポイントを獲得することも可能であるという目線でご覧いただければと思います。

  • 15,000円×4.5%=675ポイント(月あたり)
  • 675ポイント×12ヶ月=8,100ポイント(年間)

ちなみに、通常のTカード(還元率0.5%)を使っての支払いだった場合、得られるポイントは以下の通りとなります。

  • 15,000円×0.5%=75ポイント(月あたり)
  • 75ポイント×12ヶ月=900ポイント(年間)

予想通り、もはや目も当てられない程の差が出てしまいました。15,000円も決済しているのに、0.5%だと75円分のポイントしか得ることができません。やはり、0.5%で勝負していくのはかなり苦しいことがわかります。

逆に4.5%だと、ポイントは面白いようにザクザク貯まっていきます。年単位でみると、10,000ポイントの大台にも届こうかという勢いです。貯まりに貯まったポイントを何に使おうか考えていると、ワクワクしてしまいますね。

クレジットなしであればファミマTカードを選ぼう!

ファミマTカード クレジットなし

Tポイントは積極的に貯めていきたいけれど、クレジットカードを持つとなるとどうしても抵抗がある。あるいは、そもそもクレジットカードの審査をクリアできる自信がない。そういった方もいることと思います。

そこで提案したいのが、クレジット機能なしのファミマTカード。名称が同じなので少々ややこしいですが、ファミマTカードには、クレジット機能がついていない、通常のポイントカードのタイプもあるのです。

年会費無料は同じ!通常のTポイントカードよりもお得!

ポイントカードタイプのファミマTカードは、機能こそ通常のTポイントカードと同様ですが、ファミリーマートにおいては複数のメリットを享受することができます。その点を踏まえればやはり、ファミマTカードの方が素早くTポイントを貯めることができるのは間違いないでしょう。

もちろん、年会費無料という条件は同じなので、ランニングコストを気にする必要もありませんよ。

ファミリーマートで得られる特典

クレジット機能が含まれていないファミマTカードでも、以下のファミリーマートの特典は得ることができます。

  • 今お得
  • ファミランク
  • レディースデー

カードの日の特典や、若者応援ポイントを享受することはできませんが、それでも通常のポイントカードであることを思えば、十分過ぎるメリットと言えるのではないでしょうか。

もちろん、特典は相互に併用することができるため、ファミリーマートファンの方は、積極的にファミマTカードを活用していくと良いですね。

まとめ

今回紹介したおすすめのTカード機能付きクレジットカードはいずれも、Tポイントを効率よく貯める上で活躍してくれるものばかりです。

ポイントとしてはやはり、普段使いしている店舗を加盟店とするクレジットカードをチョイスすることでしょう。もちろん、クレジットカードの複数持ちを厭わないのであれば、様々な加盟店において、最大限のメリットを享受していくことも可能となります。

もし、ファミリーマート以外にも普段からTポイントをザクザク貯めていくのであればYahoo!JAPANカードを、ファミリーマートだけならファミマTカードを選択しましょう。