Tポイントカードの作り方を解説!発行場所によってお得さが変わる!

貴方は日頃からTポイントカードを利用していますか?

コンビニを初めとする様々な店舗で使用出来るTポイントカードを活用している人は多くいるのではないでしょうか。

しかし、どこでTポイントカードを発行するのか分からず、何がお得なのか分からずにTポイントカードを発行していない人もいるかもしれません。

店先で「Tポイントカードはお持ちですか?」と聞かれてもったいないと感じた人は少なくないでしょう。

特によく行くお店ほど損をしている気分になりますよね。

今回は、まだTポイントカードを発行していない人の為に様々な情報をお伝えしていきます。

これを機にTポイントカードを発行して活用してみましょう。

■Tポイントカードの発行場所

Tポイントカードを発行出来る場所は実に多くあります。

主に発行出来る場所として挙げられるのが、

・TSUTAYA
・ファミリーマート
・サークルK・サンクス
・牛角
・スルガ銀行
・ウエルシア
・クイーンズ伊勢丹
・ENEOS
・富士シティオ
・ドラッグストアmac
・レッドキャベツ
・東武ストア/フエンテ

などなど、この他にも数十種類の店舗でポイントを貯める機能がついているTポイントカードを発行することが出来ます。

元々Tポイントカードは加盟店が数十万店以上あるのでポイントが貯めやすく、全てのカードの中で最もメジャーなポイントカードといっても過言ではありません。

発行場所がかなり多い為、お近くの店舗で気軽にTポイントカードを発行することが出来ます。

■Tポイントカードの作り方

Tポイントカードを発行する場所が決まったら、次にTポイントカードを作ることになります。

Tポイントカードを発行してもらう為にはTポイントカードを発行している提携先の店舗で作ってもらうことで発行出来ます。

作り方も実に簡単で、提携先店舗の受付カウンターにてTポイントカードを発行したいと言うだけですぐに発行してくれます。

Tポイントカードにはクレジット機能やキャッシュ機能がついたものがありますが、ポイントを貯めるだけのTポイントカードなら即日発行も出来るので、発行したその日から使用出来ます。

しかし、ここで疑問に思うのが、Tポイントカードを発行するにあたってお金がかかるのではないかということです。

ポイントカードということで年会費や発行手数料がかかるのであれば、発行するのに躊躇してしまいますよね。

実際に発行手数料や年会費などはかかるのでしょうか。

○Tポイントカードを発行するのにお金はかからないの?

結論から言えば、Tポイントカードを発行するのにお金は一切かかりません。

TポイントカードということでTSUTAYAのレンタル機能を利用するなら数百円の年会費と1年ごとに数百円の更新費が必要となります。

もちろん加盟店によっては必要な金額が違うので、レンタル機能を利用したいなら費用がいくらかかるのかチェックする必要性があるでしょう。

しかし、ただポイントを貯めることが目的なら年会費や更新費、発行手数料がかからないのが最大のメリットです。

提携先の店舗によってはTポイントカードにその場で登録するか、発行した後で登録するかの違いがありますが、登録方法によって何らかの費用が発生することは一切ありません。

○Tポイントカードを使えばポイントが貯まるけど、貯めたポイントはどうやって使うの?

Tポイントカードを発行すれば様々な店舗で買い物をした際にポイントが貯められるようになります。

貯めたポイントも同様に様々な店舗で使用出来ますが、貯めたポイントを使用するにはお客さま情報登録が必要になります。

お客さま情報登録を行う為にはYahoo!JapanサイトにてIDの登録を先に行わなければなりません。

なお、Yahoo!JapanIDの登録やお客さま情報登録の際に何らかの費用が発生することはないので安心してくださいね。

Yahoo!JapanIDを取得したら、ログイン画面に移動してIDとパスワードを入力し、Tポイント利用手続きに移動します。

お手元のTポイントカードの裏面に記載されているTカード番号を入力し、住所氏名、電話番号全ての入力を終えてから登録ボタンをクリックすると、お客さま情報登録が完了して貯めたポイントを使用することが出来るようになります。

■お得なTポイントカード

様々な種類があるTポイントカードですが、中でも是非とも発行しておきたいおすすめのTポイントカードがあります。

貴方が日頃から利用している店舗でTポイントカードが使えるなら、是非ともその店舗で使用出来るTポイントカードを発行するのが得策です。

では、お得なTポイントカードについてご説明しましょう。

○ファミマTカードのお得なポイントとは?

普段からファミリーマートで買い物をしている人にとって必須とも言えるファミリーマートのTポイントカードには、様々なポイントがあります。

まず一つめは、ファミリーマートTポイントカード会員限定対象商品をいつもより安く購入出来ることです。

いずれかの商品が対象に選ばれていればファミマTカードを提示するだけで割引してもらえる上に、ポイントも貯まるので一石二鳥です。

一般的なTポイントカードを提示しても通常より安く購入出来ますが、ファミマTカードであればさらに安く購入出来るのでお得です。

しかもクレジット機能がついていなくても利用出来る為、普段からファミリーマートで買い物しているなら発行しておいて損はありません。

さらに毎月の合計金額によってファミランクが設定されており、ファミランクが上がるたびに得られるポイントも増加します。

一番低いファミランクだと200円ごとに1ポイントしか貯まりませんが、一番高いファミランクだと200円ごとに3ポイントも貯まります。

さらに水曜日はポイント2倍サービスのレディースデーとなっており、女性が買い物をするだけで自動的に通常の2倍のポイントが得られるのは他のTポイントカードにはないメリットです。

○Yahoo!Japanカードは使うほどにみるみるポイントが貯まるポイントカード!

クレジットカードを使うことに抵抗がない人は、Yahoo!Japanカードが圧倒的におすすめ出来ます。

このカードのお得なポイントは何といってもTポイントの貯まりやすさです。

もちろん利用する為には審査を通過しなければなりませんが、審査に通過すればたった数分で当日から5000ポイントが使える上、どこでも1回利用するだけで3000ポイントが貰えます。

合計であっという間に8000ポイントが貰えるだけでなく、入会してから3ヶ月間はどこでポイントカードを利用してもポイントが3倍貯まります。

もし3ヶ月が過ぎてもYahoo!ショッピングやLOHACOでなら毎日ポイントが3倍貯まるようになっているので、その還元率の高さは他のTポイントカードの群を抜いているでしょう。

普段からYahoo!ショッピングやLOHACOで買い物をしているなら、発行しないのは実に損をしています。

■まとめ

Tポイントカードの魅力は、普段の買い物をお得にするものばかりなので発行しないで買い物をするのは実に損をしているでしょう。

ポイントの貯まりやすさや商品の割引、そして貯まったポイントは他の買い物の中で利用出来るなど様々なところで使える優れものです。

いつもTポイントカードを発行するのを躊躇しているなら、これを機にTポイントカードを発行してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です