Tカードの選び方マニュアル!本当にお得なTカードはどれ?

非常に凡用性の高いTポイントを貯めることができるTカード。Tカードには、通常のポイントカードの他に、クレジット機能を備えたものもあります。

Tカードの公式サイトをご覧になったことがある方ならご存知かと思いますが、Tカードには実に様々な種類があるため、人によってはどれを選んでいいかわからなくなってしまいます。

そこでここでは、Tカードの選び方マニュアルと称し、本当にお得なTカードはどれかを解説していきたいと思います。

お得なTカードの選び方は使い方で変わる!

Tカード

結論から言うと、お得なTカードの選び方はカードの使い方によって変わってきます。それもそのはず。各種Tカードには、お得になる加盟店が存在し、特定の店舗やサービスにおいては、デフォルトの還元率を大きく上回るメリットを享受することができるのです。

ここではまず、お得なTカードを選定していく上での考え方をシェアしていくことにしましょう。

クレジット機能ありならこの3選

よりスピーディにTポイントを貯めていきたいのであれば、通常のポイントカードよりクレジット機能を含むTカードを選んだ方が良いのは間違いありません。その中でも、特におすすめできるのが、以下に記載する3枚のクレジットカードです。

()内はもちろん、特にお得感が増す加盟店です。それぞれのクレジットカードの詳細に関しては、後ほどしっかりと紹介していきます。

クレジット機能なしならこの2選

クレジットカードを発行するのは抵抗がある。あるいは、そもそもクレジットカードの審査をパスできる自信がない。そういった方であれば、クレジット機能を含まない、以下のTポイントカードを選択しましょう。

  • ファミマTカード(ファミリーマート)
  • ENEOSTカード(ENEOS)

ファミマTカードは名称がクレジット機能付きと同じなので少々ややこしいですが、ポイントカードのタイプもあります。車を普段使いしている方であれば、ENEOSTカードがおすすめですね。

通常の黄色と青のTポイントカードは実際特定の店舗でもお得になるメリットが用意されていません。基本的な機能を持ったまま、ファミマTカードやエネオスTカードなら更に特定店舗でお得になる為、せっかく利用するならこの2枚を利用したほうが良いのです。

結局のところ、あなたが普段から利用している店舗やサービスに合わせて、Tカードを選ぶというのが間違いのない選び方と言えます。

Tポイントをザクザク貯めたいならYahoo!JAPANカード一択!

Yahoo!JAPANカード

年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費540円(税込)
家族カード年会費無料

Tポイントをザクザク貯めたいのであれば、迷わずYahoo!JAPANカードを選ぶと良いでしょう。Yahoo!JAPANカードは日本一Tポイントが貯まるカードとして有名です。

いつでもどこでも1%以上の還元率でTポイントを貯めることができるスペックはもちろんですが、主要な国際ブランドを網羅しているというのも、メリットの一つですよ。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得

Yahoo!ショッピング

Yahoo!JAPANカードとくれば、『Yahoo!ショッピング』と『LOHACO』について語らずにはいられません。これらのネット通販におけるTポイントの還元率は本来1%ですが、Yahoo!JAPANカードであれば、最低でも常に3%の還元を得ることができます。

また、以下のようなキャンペーンや特典を組み合わせていくことで、還元率はグングン伸びていくため、積極的に活用していきましょう。

  • 5のつく日(5日・15日・25日)の買い物でポイント還元5倍
  • ソフトバンクユーザーなら還元率+5倍
  • Yahoo!プレミアム(税別462円)への加入で還元率+4倍
    ※ソフトバンクユーザーでスマートログインを設定している方であれば無料
  • Tモールの経由でボーナスポイントが加算

Tモール

Tモールの経由で得られるボーナスポイント
店舗名モール経由ポイント
Yahoo!ショッピング200円につき1ポイント
LOHACO200円につき2ポイント
ZOZOTOWN200円につき1ポイント
ビックカメラ.com200円につき2ポイント
TSUTAYA200円につき2ポイント
DHC200円につき1ポイント
じゃらん200円につき1ポイント
JTB国内旅行200円につき3ポイント

Tモールでは常に、様々なキャンペーンが展開されているため、ちょこちょこサイトを訪れてみるのも面白いですよ。ちなみに私がTモールのサイトを訪れたタイミングでは、200,000Tポイントの山分けキャンペーンが開催されていました。

タイミングが合えば、節約効果を一気に上げることができるかもしれませんね。

いつでもどこでも最低1%の還元率

Yahoo!JAPANカードはTカードとして使える

加盟店以外でも、常に1%の還元率を誇るというYahoo!JAPANカードの強みを活かさない手はありません。数あるTカードの中で、いつでもどこでも1.0%の還元率を誇るのはYahoo!JAPANカード以外にありません。

たとえばあなたは、各種公共料金や携帯電話料金などの支払いをどのように済ませているでしょうか。まさか、現金払いで何のメリットも享受していないということはないですよね?

Yahoo!JAPANカードであれば、公共料金や携帯電話料金などの固定費用の支払いにおいても、常に安定の1%還元を得ることができます。毎月の固定費をYahoo!JAPANカードで支払うことで、ザクザクTポイントが貯まっていくイメージができませんか。

同じ金額を支払うのであれば、ポイント還元がある方がいいのは誰だって同じです。ぜひこの機会に、固定費用を含めたありとあらゆる支払いをYahoo!JAPANカードへ一点集中させてみましょう。

ショッピングガード保険やプラチナ保険で安心

プラチナ補償

日本一Tポイントが貯まるという異名を持つだけでも素晴らしいスペックと言えますが、Yahoo!JAPANカードの魅力は還元率だけに止まりません。

年会費無料のクレジットカードとしては珍しいのですが、国内外におけるショッピングガードが以下の通り充実しているのです。

補償対象商品商品価格が10,000円(税込)以上のもの
支払い限度額100万円
自己負担額3,000円
担保期間購入日から90日間
対象となる利用国内または海外でのYahoo!JAPANカードによるショッピング利用

高価な商品を購入する機会がある際には助かりますね。たとえ事故が起きないにしろ、安心感を得られるという意味では非常に心強いです。

また、月額490円(税別)を負担すれば、オプションでプラチナ補償という保険を付けることもでき、以下の通り、利用付帯で18種類もの補償を受けることができます。

  • 修理補償
  • 破損補償
  • 宅配郵送事故補償
  • 盗難補償
  • 返品補償
  • 携帯電話水漏れ・全額補償
  • 交通トラブルお見舞い
  • 電子デバイス災害補償
  • 車乗荒らし被害補償
  • 自転車事故賠償責任補償
  • お悔やみ帰省見舞い
  • 旅行・イベントキャンセル補償
  • 海外旅行けが・病気お見舞い
  • 海外旅行持ちもの損害補償
  • 海外旅行思わぬ出費補償
  • なりすまし賠償責任補償
  • ネット売買トラブルお見舞い
  • 個人情報漏洩過失責任補償

とてもワンコイン以下の価格で得られる内容とは思えません。その上、初月に関しては無料で加入することができるという仕様になっています。気になる方はぜひ一度、加入してみてはいかがでしょうか。

ファミリーマートを頻繁に利用するならファミマTカードを

ファミマTカード

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドJCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

この一枚だけでこんなにメリットがあるの?」と思えるほどに、ファミリーマートにおいて多数の特典を享受することができるのがファミマTカードです。

国際ブランドはJCBのみですが、ETCカードや家族カードまでを含めて完全無料で保持できる点はメリットと言えます。

カードの日なら還元率2.5%

カードの日

ファミリーマートにおける買い物は、できる限り毎週火曜日と土曜日に集約させていきましょう。というのも、ファミマTカードを活用することで、カードの日の特典として、以下の通り、還元率の優遇を受けることができるためです。

  • ショッピングポイント(カード提示):通常の3倍(0.5%→1.5%)
  • クレジットポイント(カード決済):通常の2倍(0.5%→1%)

カードの日以外は、ショッピングポイントとクレジットポイントを合わせても1%なので、節約効果に大きな差がつくメリットと言えますね。

ファミランクを上げれば最大4%還元

ファミランク

ファミリーマートのファミランクは、1ヶ月単位の買い物金額の合計に応じ、翌月のポイントレートが優遇されるシステムです。

ランク当月お買い物金額合計翌月ポイントレート
ブロンズ〜4,999円まで200円につき1ポイント
シルバー5,000円〜14,999円まで200円につき2ポイント
ゴールド15,000円以上200円につき3ポイント

シルバーで2倍、ゴールドで3倍のショッピングポイントが付与されます。ここでおさえておきたいのが、このファミランクは前述のカードの日の特典と併用できるということ。

それぞれのランクでカードの日にクレジット決済をした場合の還元率は、以下の通りとなります。

  • ブロンズランク×カードの日:2.5%
  • シルバーランク×カードの日:3.5%
  • ゴールドランク×カードの日:4%

年会費無料のクレジットカードで4%はアツいですね。ぜひ、ファミリーマートを普段使いしている方は、上位ランクを目指してみてください。

レディースデーはショッピングポイント2倍

レディースデー

毎週火曜日と土曜日のカードの日に加え、女性は毎週水曜日にポイントアップのチャンスがあります。その内容とは、ファミリーマートのレディースデーです。

毎週水曜日のレディースデーはショッピングポイント(カード提示分)が2倍になります。以下、レディースデーにクレジット決済をした場合の還元率をみていきましょう。

  • ブロンズランク×レディースデー:1.5%
  • シルバーランク×レディースデー:2.5%
  • ゴールドランク×レディースデー:3%

女性のファミマTカード会員の方にはぜひ、カードの日と合わせて週3回の機会を上手に活用していただきたいものですね。

25歳以下はクレジットポイント2倍

25歳以下はクレジットポイント2倍

25歳以下の方であれば、曜日を問わず、常に2倍のクレジットポイントを獲得できます。これがファミリーマートの「若者応援ポイント」です。

ファミリーマートは女性だけでなく、若者に対しても大きなメリットを提供しています。もちろん、若者応援ポイントも以下の通り、その他の特典と組み合わせることができますよ。

  • ブロンズランク×カードの日:3%
  • シルバーランク×カードの日:4%
  • ゴールドランク×カードの日:4.5%
  • ブロンズランク×レディースデー:2%
  • シルバーランク×レディースデー:3%
  • ゴールドランク×レディースデー:3.5%

若者×ゴールド×カードの日でなんと、4.5%にまで跳ね上がってしまいます。年会費無料のクレジットカードとは思えない程の充実ぶりですね。

今お得で割引率がさらにアップ

いまお得

ファミリーマート好きにはありがたいキャンペーンに「今お得」があります。いつでも何かの商品が割引されているという素敵なイベントなのですが、ファミマTカードユーザーであれば、この今お得の対象商品をさらに安価で購入することができます。

たとえば、元々120円のコッペパンを例に挙げて解説しましょう。今お得だと10円オフで110円です。しかし、ファミマTカードユーザーであればさらに10円の割引がかかり、最終的には100円で手に入れることができます。

ここで割引率に目を向けてみてください。110円→100円だと、約9%の割引となります。

年会費無料のクレジットカードで9%の割引は半端ではありません。もちろん、ショッピングポイントとクレジットポイントは別途付与されるため、合計還元率は10%を超えてきます。

ファミマTカードを持たないファミマユーザーがいかに日々、損をしてしまっているかがわかる一例と言えますね。

ポケットモールでネット通販もお得

ポケットモール

ファミマTカードでお得になるのは、ファミリーマートだけではありません。ネット通販においても、ファミマTカード会員だけが利用できる『ポケットモール』を経由することで、ボーナスポイントを獲得することができるのです。もちろん、クレジット決済分のポイントは別で加算されます。

対象となっている店舗は以下の通りです。楽天市場やYahoo!ショッピングなどの使い勝手の良い店舗があるのは嬉しいですね。

店舗名追加されるボーナスポイント
楽天市場1,000円につき6ポイント
Yahoo!ショッピング1,000円につき12ポイント
ポケットブックストア1,000円につき48ポイント
LOHACO1,000円につき18ポイント
ポンパレモール1,000円につき36ポイント
イトーヨーカドーネット通販1,000円につき24ポイント
爽快ドラッグ1,000円につき24ポイント
ホットペッパーグルメ27ポイント
じゃらん1,000円につき18ポイント
ビックカメラ.com1,000円につき6ポイント

国内外のパッケージツアーがお得

ポケットカードのトラベルセンター

旅行好きの方であればぜひ、ポケットカードの『トラベルセンター』のサイトを覗いてみてください。各種有名旅行会社がプロデュースしているパッケージツアーを、3%〜8%オフで楽しむことができます。

たとえば、クラブメッドの国内プランに、北海道のトマムのツアーがあります。こちらを2018年6月末までに申し込むと、2泊以上のプランで1日あたり7,000円、4泊以上のプランなら1日あたり10,000円の割引を受けることができます。

そしてここが素敵なポイントなのですが、なんと同伴者も同仕様の割引を享受することができるのです。恋人と4日間、トマムのツアーを楽しんだとすれば、10,000円×4日間×2人で80,000円ものディスカウントが得られる計算になります。

今一度確認しますが、ファミマTカードは年会費無料のクレジットカードです。ここまでお得感のあるメリットにはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。

クレジットなしならポイントカード機能のみのファミマTカードを選ぼう!

ファミマTカード クレジットなし

クレジットカードを持つことに抵抗を覚えてしまう方や、そもそもクレジットカードの審査をクリアする自信がない方であれば、ポイントカード機能のみのファミマTカードをおすすめします。

ポイントカードのタイプにおいても、ファミランクやレディースデー、今お得などの特典は享受することができるので、ファミリーマートにおいて十分メリットを得ることができますよ。

TSUTAYAのヘビーユーザならTカードプラス

Tカードプラス

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA/JCB
ETCカード年会費無料
家族カード

Yahoo!ショッピングやLOHACO、ファミリーマートなどの店舗は利用しておらず、TSUTAYAを普段使いしている方であれば、Tカードプラスがおすすめです。

TSUTAYAで還元率が優遇される他、更新料が無料になるといったメリットもありますよ。

TSUTAYAなら最大3%還元

TSUTAYA

Tカードプラスの要とも言えるメリットがこちらです。月あたりの利用頻度に応じ、翌月の還元率が最大5倍にまでアップします。

TSUTAYAランク前月における利用頻度還元率の優遇
ブロンズランク1回以上3倍(1.5%)
シルバーランク3回以上4倍(2%)
ゴールドランク5回以上5倍(2.5%)

たった月1度の利用でもブロンズランクを達成でき還元率が3倍になるので、そこまでのヘビーユーザーでなくとも、Tカードプラスのメリットを享受することができます。

ちなみに、優遇される還元率はショッピングポイントです。クレジット決済であれば、クレジットポイントが別途付与されるかたちとなり、得られる合計還元率は2%〜3%にアップしますよ。

TSUTAYAレンタル会員の更新料が無料

久しぶりにTSUTAYAでレンタルしようと思った折に少し切ないのが、会員の有効期限が切れていることに気付いた時ではないでしょうか。1年に1度のこととはいえ、更新手数料で出費があるのは気持ちの良いことではありませんよね。

そんな悩みを払拭してくれるのがTカードプラスです。年に1度でもクレジット利用をしていれば、本来かかるはずの更新手数料(300円程度)が無料になります。やはりランニングコストがないのは嬉しいですね。

まだTカードプラスを発行していないTSUTAYA会員の方は、この機会にぜひ、作成を検討してみてください。ただし、この更新手数料はYahoo!JAPANカードも同様に無料です。

JCBブランドなら海外ショッピング保険が付帯

TカードプラスにはVISAとJCBがありますが、海外ショッピング保険を付帯させたいのであれば、JCBブランドを選択すると良いでしょう。JCBで得られる保険の内容は以下の通りです。

  • 購入日から90日までの補償
  • 1回の事故につき、1万円の自己負担
  • 補償額は年間50万円まで

事前の届け出が不要なので、出発前に手間がかからないのがメリットです。自動付帯ではなく、利用付帯の保険なので、高価な商品を購入する際には特に、クレジットカードによる決済を忘れないようにしましょう。

Tモールでネット通販もお得

Tモール

ネット通販を利用する方であれば、Tモールを経由することで、ボーナスポイントをもれなく獲得していきましょう。クレジット決済と合わせれば、ポイントの2重取りが成立しますね。

Yahoo!JAPANカードの時と同様に、対象となっている主な店舗は以下の通りです。Tモールでは常に何らかのキャンペーンが実施されているので、定期的にサイトを訪問してみると良いでしょう。

Tモールの経由で得られるボーナスポイント
店舗名モール経由ポイント
Yahoo!ショッピング200円につき1ポイント
LOHACO200円につき2ポイント
ZOZOTOWN200円につき1ポイント
ビックカメラ.com200円につき2ポイント
TSUTAYA200円につき2ポイント
DHC200円につき1ポイント
じゃらん200円につき1ポイント
JTB国内旅行200円につき3ポイント

クレジット機能なしのTポイントカードの選び方

さて、ここまではクレジット機能がついたTカードについて解説を進めてきましたが、ここからは、クレジット機能なしのTポイントカードの選び方に目を向けてみましょう。

ポイントカードはクレジットカードと比べると、そこまで大きな還元を期待するのは難しいと思われがちですが、それでも特定の加盟店においては、十分にメリットを享受することができますよ。

ファミリーマート利用ならファミマTカード

ファミマTカード クレジットなし

あなたがもし、ファミリーマートを普段使いしているのであれば、TポイントカードはファミマTカードに決まりです。

クレジット機能が含まれていないポイントカードタイプのものであれば、ファミリーマートの店頭において即時発行ができ、すぐにでもTポイントを貯め始めることができますよ。

ポイントカードタイプのファミマTカードで得られるメリット

クレジット機能が含まれていないポイントカードタイプのファミマTカードにおいても、以下のファミリーマートの特典を得ることができます。

  • 今お得
  • ファミランク
  • レディースデー

これらを相互に併用すれば、通常のTポイントカードよりも、確実に節約効果を上げていくことができるのは間違いありません。年会費無料という条件に変わりはないので、少しでもファミリーマートを利用する方であれば、ファミマTカードを選ぶと良いでしょう。

ガソリン代を節約するならENEOSTカード

ENEOSTカード

普段から車を利用している方にとって、ガソリン代はバカになりません。給油の際は、少しでもリッターあたりの単価が安い日を狙っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方にはぜひ、ENEOS Tカードを選びましょう。Tポイントの付与を受けることができるのはもちろん、会員価格での利用が可能となりますよ。

ENEOSTカードで得られるメリット

ENEOSでENEOSTカードを給油前に提示すれば、会員価格でガソリンを入れることができます。給油が会員価格になるのに加え、200円につき1ポイントのTポイントが付与されるため、お得感はひとしおです。

たとえば、店頭価格が130円の時にENEOSTカードを提示し、128円で10ℓ給油したとすれば、20円の得になります。

また、ここで得られるTポイントは以下の通りなので、合計で26円分のメリットを享受したことになります。

  • 128円×10ℓ×0.5%=6ポイント

10ℓを月に2回給油したとすれば、一ヶ月の節約効果は52円。年間でみると624円が浮く計算になります。

もちろん、ガソリンの消費量がさらに激しい方であれば、割引額や還元されるポイントが増えるのは言うまでもありません。

ENEOSを利用しているのにENEOSTカードを活用しないのは損なので、ENEOSユーザーはぜひこの機会に、ENEOSTカードの利用をスタートしてみてください。

まとめ

クレジット機能の有無にかかわらず、大切にしていただきたいポイントとしては、いかにあなたが普段使いしている店舗やサービスにマッチしたTカードをチョイスできるかです。

もちろん、クレジットカードを複数発行することによって、様々な加盟店において最大限のメリットを得るという方法もあります。ぜひ改めて本記事を振り返っていただき、あなたにとってのお気に入りのTカードを発行してみてくださいね。

えっ?!貯まり方がこれだけ変わる!?⇒1番お得なTカードの作り方をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です