Tポイントカードの還元率は高くない!ザクザクTポイントを貯める方法

幅広いリアル店舗において活用することができるTポイント。普段からせっせと貯めている方も多いことと思います。

さて、Tポイントを貯めることができるシンプルかつ代表的なカードにTポイントカードがありますが、残念ながらTポイントカードは還元率がさほど高くないのがデメリット

同じ買い物をするのであればやはり、よりスピーディにTポイントを貯めることができるに越したことはありません。

そこでここでは、Tポイントカードの還元率についてや、Tポイントをザクザクと貯めていく方法についてみていきたいと思います。Tポイントを普段から貯めている方や、Tポイントを使うことができる店舗やサービスを普段使いしている方にとっては、見逃し厳禁の情報ですよ。

Tポイントカードの還元率は0.5%!

Tカード

Tポイントを貯めることができる最もシンプルなカードであるTポイントカード。こちらの基本還元率は0.5%です。様々なカードに精通している方であればお分かりの通り、これはお世辞にも高いと言える数値ではなく、ポイントを集めていくには少々苦しい還元率です。

それでは、高還元率とは一体どれくらいの値なのでしょうか。また、もっとスムーズにTポイントを貯めるには、どのようなカードを使えば良いのでしょうか。

ローソンでお馴染みのPontaカードは基本還元率1%

Pontaカード

ポイントカードの中でも、Tポイントカードに次いで人気の高いPontaカードを例に挙げてみましょう。Tポイントカードが0.5%の還元率であるのに対し、Pontaカードはなんと、2倍の1%です。

  • Tポイントカード:0.5%
  • Pontaカード:1.0%
  • 楽天ポイントカード:1.0%
  • dポイントカード:1.0%
  • WAON POINTカード:0.5%

Pontaカードの方が倍速でポイントが付与されていくことを考えれば、なんだかTポイントカードを使っているのが寂しくなってしまいますよね。

0.5%と1%の差は大きい

還元率が0.5%と1%の差を、もっとわかりやすく示していきます。仮に毎月、10,000円の利用をしながら、ポイントを貯めていくとしましょう。0.5%と1%では、どのくらいの開きが出るでしょうか。

  • 0.5%の場合
    10,000×0.5%=50ポイント(月あたり)
    50ポイント×12ヶ月=600ポイント(年間)
  • 1%の場合
    10,000×1%=100ポイント(月あたり)
    100ポイント×12ヶ月=1,200ポイント(年間)

ご覧の通り、月に10,000円だと、年間で600ポイントの差が生じてしまいます。20,000円なら1,200ポイント、30,000円なら1,800ポイントの差です。

1%の還元率を誇るカードが他にあるにもかかわらず、0.5%のカードを使用しているのは、毎回の決済で損をしていると言っても過言ではありません。

TカードやTポイントカードには数多くの種類があり、どれがアナタに最適なTカードなのかを『Tカードの種類の中からおすすめを紹介!限定デザインからクレジットカードまでを一挙紹介!』の記事で詳しく解説しています。

Tポイントの還元率を高めるならクレジットカード払いが圧倒的!

Tポイントは様々な業種におけるリアル店舗において幅広く使うことができるため、非常に便宜性の高いポイントであることは間違いありません。ただし、いくら便利といえど、ポイントがなかなか貯まらないカードを使っていては、メリットが大きいとは言えませんよね。

そこでおすすめしたいのが、以下に紹介するTポイントがダイレクトに貯まるクレジットカードを活用することです。

ここで紹介するのはいずれも年会費無料で発行できるクレジットカードばかりなので、Tポイントを上手に集めたい方はぜひ、目を通してみてください。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費540円
家族カード年会費無料

日本一Tポイントが貯まるカードとしても有名なYahoo!JAPANカード。主要な国際ブランドを網羅しているため、他のクレジットカードとの使い合わせもしやすいのが嬉しいポイント。

ETCカードについては年会費が必要となるので、ETCカードが必要な場合は、他のクレジットカードから発行することで、無駄なランニングコストを抑えたいところです。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでさらにお得

Yahoo!ショッピング

Yahoo!JAPANカードを活用する上で外せないのが『Yahoo!ショッピング』と『LOHACO』。常にポイントが3倍になる他、キャンペーンを活用すればさらに獲得ポイントを伸ばしていくことができます。

たとえば、毎月5のつく日(5日・15日・25日)の買い物であれば、ポイント還元は5倍になりますし、Tモールを経由しての買い物であれば、Yahoo!ショッピングなら0.5%、LOHACOであれば1%のポイントが加算されます。

今ではあの楽天市場よりも出店数が多くなっているYahoo!ショッピングは活用しないと非常にもったいないです。その上でYahoo!JAPANカードを活用していき、Yahoo!ショッピングやLOHACOでお得にTポイントをザクザク貯めていくのが最短の道と言えます。

最速で貯めたTポイントはウエルシアでの利用がお得

ウエルシア お客様感謝デー

貯まったTポイントを最もお得に使う方法として、ウエルシアでの利用を推奨したいと思います。というのも、毎月20日はウエルシアの「お客様感謝デー」であり、会計時に200ポイント以上のTポイントを利用すれば1.5倍の価値に跳ね上がるのです。

ウエルシアは日用品の他、食料品なども豊富に取り揃えがあるため、毎月20日に向けて、Tポイントをコツコツ貯めていくという戦略がオススメ。1,000ポイントなら1,500円の価値

3,000ポイントなら4,500円の価値と考えていけば、ウエルシア以外でTポイントを使うのがもったいないと感じてしまうかもしれませんね。

ファミマTカード

ファミマTカード

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドJCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

ファミマTカードという名称からもわかる通り、ファミリーマートにおいて特にメリットが大きいクレジットカードです。家族カード・ETCカードまでを含め、完全無料で持つことができます。

発行する前に把握しておきたいのが、ファミマTカードはリボ払い専用のクレジットカードであること。初回の手数料は無料なので、支払い方法を「全額支払い」にしておくことで、1回払い専用のクレジットカードとしてリボ払いによる手数料の負担を回避することができますよ。

カードの日なら還元率2.5%

カードの日

ファミリーマートでは、毎週火曜日と土曜日はカードの日として設定されており、ファミマTカードを提示して買い物をすることで、以下の通り還元率が優遇されます。

  • ショッピングポイント(カード提示):通常の3倍(0.5%→1.5%)
  • クレジットポイント(カード決済):通常の2倍(0.5%→1%)

カードの日にファミマTカードで決済した場合の還元率はなんと2.5%です。カードの日以外は、ショッピングポイントとクレジットポイントを合わせても1%止まりなので、できる限りカードの日を活用していきたいですね。

ファミランクを上げれば最大4%還元

ファミランク

ファミリーマートを利用する上では、ファミランクの存在も頭に入れておきましょう。以下の通り、利用額に応じて、翌月のポイントレートが優遇されます。

ランク当月お買い物金額合計翌月ポイントレート
ブロンズ〜4,999円まで200円につき1ポイント
シルバー5,000円〜14,999円まで200円につき2ポイント
ゴールド15,000円以上200円につき3ポイント

ファミランクの特典は、前述のカードの日の特典と併用することが可能です。ゴールドランクなら、カードの日のクレジット決済で4%の還元率となります。

  • ブロンズランク×カードの日:2.5%
  • シルバーランク×カードの日:3.5%
  • ゴールドランク×カードの日:4%

ブロンズからシルバーに上がるだけで1%の加算があるのは嬉しいですね。ぜひ、カードの日と併用しながら、効率よくポイントを集めていきましょう。

レディースデーはショッピングポイント2倍

レディースデー

ファミマTカードを利用している女性の方は、毎週水曜日もポイントアップのチャンスです。ショッピングポイント(カード提示分)が2倍になります。

もちろんこちらも、前述のファミランクとの併用が可能です。クレジット決済をした場合、得られるポイントは以下の通りとなります。

  • ブロンズランク×レディースデー:1.5%
  • シルバーランク×レディースデー:2.5%
  • ゴールドランク×レディースデー:3%

カードの日よりは若干還元率は落ちますが、それでもカードの日と合わせて週に3度もチャンスがあるのは女性ならではの特権ですね。毎週火曜・水曜・土曜は、女性にとってのファミリーマートの日と言えます。

25歳以下はクレジットポイント2倍

25歳以下はクレジットポイント2倍

ファミマTカードには、「若者応援ポイント」と呼ばれる制度があり、25歳以下の方は常に、2倍のクレジットポイントを享受することができます。通常の日であれば、ショッピングポイントと合わせると、還元率は1.5%です。

それではカードの日やレディースデー、ファミランクなどと組み合わせた場合、還元率はどうなるのでしょうか。

  • ブロンズランク×カードの日:3%
  • シルバーランク×カードの日:4%
  • ゴールドランク×カードの日:4.5%
  • ブロンズランク×レディースデー:2%
  • シルバーランク×レディースデー:3%
  • ゴールドランク×レディースデー:3.5%

カードの日なら最大4.5%、レディースデーなら最大3.5%もの還元率となります。ファミマTカードは、25歳以下の方に特におすすめのクレジットカードと言えますね。

今お得で割引率アップ

いまお得

ファミリーマートでは、「今お得」というキャンペーンが開催されています。いつでも何かが割引されているという素敵なイベントで、ファミリーマートファンにはとってもありがたい内容と言えます。

ただでさえ嬉しいこの今お得ですが、対象となっている商品を購入する際に、ファミマTカードを提示すれば、さらなる割引を享受することができます。

もちろん、この2重の割引とは別に、ショッピングポイントやクレジットポイントもバッチリ付与されるので、お得感はひとしお。

対象商品は定期的に入れ替わるため、お目当ての商品が今お得の対象になっている場合は、そのチャンスを見逃さないようにしてくださいね。

ポケットモールでネット通販もお得

ポケットモール

ファミマTカードの会員は、『ポケットモール』を経由することで、ネット通販もお得になります。ポケットモールには様々なお店が入っており、ネットショッピングする前に経由するだけでポイント還元率がアップするようになっている為、必ず利用しておきたいところです。

通常の還元に加え、モール経由分のボーナスポイントが付与されるという仕組みです。対象となる主な店舗は以下の通り。普段使いできそうな店舗やサービスがないかを確認してみましょう。

店舗名追加されるボーナスポイント
楽天市場1,000円につき6ポイント
Yahoo!ショッピング1,000円につき12ポイント
ポケットブックストア1,000円につき48ポイント
LOHACO1,000円につき18ポイント
ポンパレモール1,000円につき36ポイント
イトーヨーカドーネット通販1,000円につき24ポイント
爽快ドラッグ1,000円につき24ポイント
ホットペッパーグルメ27ポイント
じゃらん1,000円につき18ポイント
ビックカメラ.com1,000円につき6ポイント

Yahoo!ショッピングやLOHACOなどの人気のネットショップが入っている他、ポケットブックストアやポンパレモールなどのボーナスポイントの高さにも注目したいところです。

ファミリーマートのみならず、ネット通販においても、上手にポイントを獲得していきたいですね。

Tカードプラス

Tカードプラス

年会費無料
基本還元率0.5%
国際ブランドVISA/JCB
ETCカード年会費無料
家族カード

基本還元率は0.5%ですが、TSUTAYAにおいては、提示するだけで還元率が優遇されるクレジットカードです。TSUTAYAを頻繁に利用している方にとっては、メリットの大きい一枚と言えるでしょう。

TSUTAYAなら最大3%還元

TSUTAYA

Tカードプラスの最大のメリットは、前月のTSUTAYAの利用回数に応じ、還元率が優遇されるという点にあります。

TSUTAYAランク前月における利用頻度還元率の優遇
ブロンズランク1回以上3倍(1.5%)
シルバーランク3回以上4倍(2%)
ゴールドランク5回以上5倍(2.5%)

カードを提示するだけで、還元率は3倍〜5倍になります。もちろん、Tカードプラスによるクレジット決済であれば、ここへさらにクレジット決済分のポイントが付与されるため、還元率は2%〜3%にアップ。TSUTAYA御用達の方にとっては、非常に嬉しい特典と言えますね。

ところで、鋭い方ならお気付きかもしれませんが、「カードを提示するだけで」還元率が優遇されるため、決済するクレジットカードは何も、Tカードプラスにこだわる必要はありません。

たとえば、TSUTAYAにおいてTカードプラスを提示し、基本還元率1%のYahoo!JAPANカードで決済をした場合の還元率は、以下の通りとなります。

  • ブロンズランク:2.5%
  • シルバーランク:3%
  • ゴールドランク:3.5%

やはり常に1%の還元を得られるYahoo!JAPANカードの方がお得と言えます。年会費無料のクレジットカードで3.5%の還元はアツい。クレジットカードの複数持ちによって、メリットをさらに高めることができる良い例ですね。

JCBブランドなら海外ショッピング保険が付帯

Tカードプラスを発行する時に、国際ブランドに特にこだわりがなく、海外旅行の頻度が多い方は、JCBブランドを選択すると良いでしょう。というのも、JCBブランドの場合は、JCB海外お買い物保険が付帯するためです。

海外のJCB加盟店で購入した品物については、偶然の事故による破損や盗難による損害が、購入日から90日間まで補償されます。1回の事故につき、1万円の自己負担があり、補償額は年間50万円までです。

事前の届け出が不要で、出発前の手間がかからないのがメリットです。特に、高価な商品を購入する場合には、クレジットカードによる決済を忘れないようにしましょう。

Tポイントをザクザク貯めるならYahoo!JAPANカード一択!

Yahoo!JAPANカード

さて、ここまで3枚のクレジットカードを紹介してきましたが、Tポイントをザクザク貯めていきたいのであれば、選択肢はYahoo!JAPANカードの一択となります。

ファミマTカードやTカードプラスは、特定の店舗であればその強みを発揮しますが、それ以外の場面においては還元率が0.5%と低いのがデメリットだからです。

ファミマTカードやTカードプラスに比べて、どこで利用しても1.0%以上の還元率や、Tポイント加盟店では2倍以上の還元率はYahoo!JAPANカード唯一のメリットなのです。

Yahoo!JAPANカードならどこでも常に1%

Yahoo!JAPANカードはTカードとして使える

やはりYahoo!JAPANカードが強いのは、いつでもどこでも最低1%以上の還元を受けることができる点にあります。ありとあらゆる支払いをクレジットカードに1点集中すれば、1%の還元で得られるポイントは相当なものになることは間違いありません。

たとえば、毎月50,000円分の決済をクレジットカードで行うとしましょう。0.5%の還元率の場合と、1%の還元率の場合では、どのくらいの差が生じるでしょうか。

  • 0.5%の場合
    50,000円×0.5%=250ポイント(月あたり)
    250ポイント×12ヶ月=3,000ポイント(年間あたり)
  • 1%の場合
    50,000円×1%=500ポイント(月あたり)
    500ポイント×12ヶ月=6,000ポイント(年間あたり)

同じ額の利用にもかかわらず、年間では3,000ポイントもの差が出てしまいます。ポイントが現金同様であることを考えると、この差は大きいですね。

Yahoo!JAPANカードはネット通販も強い

Yahoo!JAPANカードはネット通販においても大活躍させることができます。

  • 5のつく日にTモールを経由してYahoo!ショッピングで購入→還元率5.5%
  • 5のつく日にTモールを経由してLOHACOで購入→還6%

時には比較的大きな買い物をネットですることもあるかと思います。また、リアル店舗において欲しいものを見つけた際にも、ネット通販を利用することで、ポイント還元でお得になることも多々あるでしょう。

ぜひこうしたことも踏まえ、Yahoo!JAPANカードでザクザクポイントを集めていってくださいね。

1番お得なTカードの選び方を『Tカードの選び方マニュアル!本当にお得なTカードはどれ?』の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

Tポイントを貯める上では、通常のTポイントカードだと還元率が低く、なかなか獲得ポイントが伸びていきません。

そこでおすすめなのがクレジットカードの活用です。中でもYahoo!JAPANカードは日本一Tポイントが貯まるカードとされており、リアル店舗のみならず、ネット通販においてもザクザクポイントを貯めることができます。

Tポイントを面白いように貯めたい方は、Yahoo!JAPANカードで決まりですね。

えっ?!貯まり方がこれだけ変わる!?⇒1番お得なTカードの作り方をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です